英語教育にドはまりした私のプロフィール

英語教育にドはまりした私のプロフィール

5歳の男の子を子育て中の私「ゆうママ」と申します。

そんな私は今、保育園で働きながら息子を絶対バイリンガルに育てたいと、子供の英語教育に夢中になっています。

6年間のバイリンガル育児の末に

はじめに、息子が生まれた直後からはじめたバイリンガル育児を振り返ると、

私が想像していたのとは全く違う息子の成長ぶりに本当に驚きます。


まず、うちの子は生まれた時から英語やってたら、3才頃には英語ペラペラで、

小学校入学前には洋書なんかもをスラスラ読める自慢の息子に成長するはずでした。


周りのママからは、


「すごーいゆうママさんのお子さん!何やったらそんな風になるんですかぁ?!


となるはずだったんです。


でも実際は・・・


あの有名な英語教材を買って毎日英語のCDを聞かせていたのに


毎日英語でしかテレビを見せていなかったのに


英語の絵本を読み聞かせて、

なんなら日本語の絵本すら同時通訳ばりに日本語で読んだ直後に英語でも言って聞かせていたのに


毎日がんばって下手な英語で話しかけてきたのに


なのに、何をやっても英語どころか日本語も喋らなーい!!!


そしてやっと英語をひとこと話した!と思えば


保育園に通い始めた途端、友達に影響され日本語ばかりがどんどん達者になっていきました。


焦った私はあれこれと新たな英語教材を買いそろえてみるも


全くもって息子は英語を喋る気配すらありません。


それどころかもうすぐ5才になる息子は、英語を子供に与え続ける私に対して

「ママってなんでそんなに英語が好きなの?」


オンライン英会話の体験を受けてみると

「ぼくは英語わからないから嫌い」


英語の絵本を読もうと持ってくるだけで

「なんで毎日英語ばっかり!」


といううちの子。


子供の英語教育において、


『英語を押し付けすぎて、子供が英語を嫌いになってしまうことが一番よくない』


という一番のタブーをやらかしてしまいました。



英語を嫌がられるたびにへこんで、今まで私がやってきたことはなんだったんだろう・・・と泣いて・・・


でもここまできたら諦めるなんて出来ない!


と、いつもとちょっとやり方を変えてみると、息子がすんなり英語を受け入れて

絵本やゲームを楽しんでくれたりして


するとそれでまた私のテンションが上がっての繰り返し。


そんな6年間でした。

英語嫌いの息子の今は

うちの子は普段英語を喋ることはありません。

だって日常生活で必要がないから。(と思いたい)


でも、ある英語教材を使ってみたことで、確実に子どもの英語力がついてきたなと実感できました。


ご褒美作戦で誘導して、英検ジュニアのゴールドにも合格できたんです。

そして最近は、英語の絵本も少しづず読めるようになってきました。

何をやってもダメだったと思えたこの6年間に一筋の光がぁぁ!

そのある英語教材というのは、うちの子が4歳の時に購入したこの教材です。

ディズニー英語システムや、ワールドワイドキッズなんかに比べると、かなり地味ーな英語教材なんですが、

うちではこれからもこの英語教材を使ってバイリンガル子育ての実践記をつづっていきたいなと思っています。

幼児教育の世界にどんどんはまるわたし

もともと英語が苦手な私は、息子のバイリンガル教育をはじめたときに、


子供のためにいちから英語を勉強しなおそう!

と思い立ちました。

息子が2歳半になったタイミングで保育園に預け、自分は6ヶ月間、子供英語講師の養成講座に通いました。


子供英語のなんたるかを勉強し、プリスクールでの実習を経てインターナショナルスクールで働きました。

赤ちゃんの頃から英語の環境におかれているスクールの子供達が、どんな風に英語を習得していくのか、実際の現場で子供達を見守りながら、子供と英語についてのリアルで貴重な体験が出来ました。

そしてもともと自分の子供には、英語よりも最初に頭の良い子になって欲しいなという思いがあったので(これも願わくばみんなそうですよねぇ)育児書や幼児教育なんかの本を読みまくっていたんです。


それがきかっけで、幼児教育を極めるなら保育士資格だ!と、独学で保育士試験にも挑戦してみました。


子どもの英語教育に関することをたくさん調べて、うちの子はどうしたらおうちで頭のよいバイリンガルになれるのか?を日々探求しているうちに


幼児英語教育の世界にドはまりしました私。



それが最初は息子をバイリンガルにするために調べていたはずなのに


最近は「どうしてあの子はバイリンガルになれたんだろう?」と


バイリンガルキッズをリサーチすることの方が楽しくなってきてしまってます。


毎日毎日、明けても暮れても息子に嫌がられても、英語教育のことばっかり。


今はまだバイリンガルとは言えないうちの子ですけど、子育ても、英語教育もまだまだ先はながーい。

ので、あきらめずにおうち英語を続けていこうと思っています。